引越しの時の自転車をどうするか

消費者金融は銀行と比べて差別されているか

消費者金融は銀行と比べて差別されているか

2010年の貸金業法の改正によって総量規制が導入されました。消費者金融などの貸金業者は年収の三分の一以上の融資は一部の例外を除いてできなくなりました。一方、銀行法で規制される銀行では総量規制やそれに類する規制はなく、年収の三分の一以上の融資でも可能ということになっています。
この事実から、インターネットのサイトなどでは総量規制の対象外である銀行のカードローンを勧めるものなどがありますが、本当に消費者金融よりも銀行の方が総量規制の対象外であるが上に有利なのでしょうか。
法律の規定だけを見てみると消費者金融などの貸金業者は銀行と比べると差別的な扱いを受けているようですが、実際には銀行での融資を申し込んだところで、総量規制に引っ掛かるような融資は審査の時点で通ることはないといえます。総量規制の対象外であってもそれは法律上だけのことで銀行の審査は消費者金融よりもずっと厳しい審査基準であるので、簡単に融資を受けられるものではありません。
友人から聞いたのはノーローン 増額←一見の価値あり。


ホーム RSS購読 サイトマップ